生活保護受給者が入居可能な老人ホーム・介護施設一覧

生活保護受給者が入居可能な老人ホーム・介護施設一覧

生活保護受給だけど老人ホームに入れるの?現在生活保護受給者の方でそんな心配をされてる人も多いと思いますが現在は生活保護受給者でも入れる老人ホームが増えています。

 

全国的に受け入れることが出来る施設は増えています。

 

私も最近ケースワーカーの方と知り合いになる機会がありましたが、ケースワーカーでも生活保護受給者が老人ホームに入居することを認めてる人も増えてるようです。

 

生活保護受給者の場合現在健康状態が良好だとしたら、介護付有料老人ホームではなく住宅型有料老人ホームの方があっていると思います。

 

生活保護受給者に対して柔軟に対応してくれる老人ホームも

 

また最近では生活保護受給者の場合入居費用や月額費用を減額してくれる老人ホームも増えてきています。

 

ですので万が一市側に費用の面でなにか問題とされた場合は施設側に減額の申請をしてみるのも方法の一つです。

 

介護付は名前にもある通り、介護に力を入れている施設なので、24時間365日いつでも介護サポートがしっかりしています。

 

ただし、生活保護受給者の場合ケースワーカーの人などと相談したり市町村によって老人ホームへの入居ができない場合もあるので確認が必要となります。

 

その分だけ、好きなときに外出ができないなど不自由に感じるところもあります。

 

本当に介護が欠かせない健康状態の方でしたら、介護付の方が安心感がありますが、良好ということでしたら住宅の要素がより強い住宅型有料老人ホームをおすすめします。

 

また一部の自治体では老人ホームではなく、軽費老人ホームに進められる場合もあります、家族の支援が受けれない場合などいろいろな生活保護受給者のケースもあるので、市の担当者などと相談してみることをお勧めします。

 

・住宅型有料老人ホームの介護サービス

生活保護受給者の場合住宅要素が介護付より強いといっても、各施設がそれぞれの介護サービスを提供していますので、要介護の認定を受けている方でも条件を満たしている方は入居されています。

 

条件を満たしているというのは、例えば要介護度が高い場合は入居できないなど、施設ごとにそれぞれの条件を設けているからです。

 

近年では、生活保護を受給中であっても、要介護度が一番高い要介護度5の高齢者の入居を受け入れているところがずい分あります。

 

受け入れている要介護度が低い介護施設の場合、暮らし始めてから介護度が増したときに退所を求められることもあります。
有料老人ホームは、決まりごとや提供している介護・看護サービスなどの内容が、各施設によって異なります。

 

選ぶときに、必ず内容を確認することを忘れないでくださいね。

 

・高齢者向け住宅という選択肢

 

生活保護を受けてる人で健康状態が良好である人の場合、高齢者向け住宅という選択肢もあります。
有料老人ホームとは異なり、マンションやアパートなどの賃貸物件と同じ契約になります。

 

一般的な賃貸物件とは違い、足元に段差がないバリアフリー設計になっているなど、つまづかないような配慮が建物にも行き渡っています。
サービス付き高齢者住宅でしたら、介護サービスを提供してもらえますので、体調の異変などが起きたときにも対応してもらえます。

 

サービス付き高齢者住宅も有料老人ホームのように、それぞれに提供する設備や介護・看護サービスの内容が異なりますので、確認することが不可欠です。
例えば、24時間介護職員や看護職員が常駐しているところもあれば、日中だけで夜は近くの病院などと提携しているところもあります。

 

求めている介護サービスを提供してくれる施設を、選ぶようにしてください。
いずれにしても、気になる介護施設があれば見学に行くことが大切です。

 

見学で印象がよければ、さらに体験入居をして実際に宿泊をしてみるといいですよ。

 

生活保護受給者を受け入れてる老人ホームの種類

 

生活保護受給者が入れる老人ホームと一言でいっても、いろいろな種類があります。

 

「家族として準備すること(転居手続きなど)」として、まずはお母様の健康状態などにあったところを知ることが大切です。
地方自治体などの公的機関が運営していて、人気が高いのが特別養護老人ホーム(特養)です。

 

生活保護を受給してる人の場合、少ない費用で入居できること、終身制なので介護度が増しても長くいられることなどから、多くの高齢者の方が申し込んでいます。
しかし、人気が高いために100人待ちなどの施設も珍しくないこと、介護の必要性が高い方を優先するので早く申し込んでもなかなか回って来ないなどという側面もあります。

 

希望する形によって異なる

 

民間企業が運営をしていて、比較的すぐに入居できるのは有料老人ホームです。

 

介護サービスが充実しているものから順番に、介護付・住宅型・健康型の3タイプがあります。

 

外出を自由にできた方がいいということでしたら、住宅型有料老人ホームです。

 

介護付有料老人ホームは24時間いつも介護や看護の体制が整っているのですが、そのことから入居者が好きなときに外出できないという不自由さもあります。

 

お母様がまださほど介護が必要ないということでしたら、住宅型の方がいいのではないでしょうか。
住宅型有料老人ホームによっては、介護・看護サービスの内容がさまざまです。

 

介護度が増したら退所を求められるところと、要介護5まで受け入れているところとあります。
一カ所の老人ホームに腰を据えて住み続けたいというご要望でしたら、退所が求められるのはどんな場合かなども確認しておきましょう。

 

老人ホームではないのですが、高齢者が入居できる施設には「サービス付き高齢者向け住宅」などもあります。

 

名前にある「サービス付き」とは、高齢者向けの介護サービスなどです。

 

つまづきにくいようにバリアフリー設計になっているなど、物件も配慮された造りとなっています。